--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.29
Thu
パソコン教室の日

思っていた通り「絶対参照」でひっかかる 今一つ分からない。

各単元の確認シート(テスト)で分からなくなる 久々にインストラクターに質問。

動かせない基準の設定の仕方は分かったけど・・・。  

まあいい   回数を重ねて 馬鹿頭にすりこむしかないない・・・か

それでも ワードの後半のときほど のたうち回る感じはないかな・・。





<個人的に航空映画ベスト3の第3位>

ダーク・ブルー [DVD]」 あるいは「ダークブルーワールド」


第二次大戦中にチェコのパイロットが ドイツ軍による自国の占領後、

イギリスに亡命義勇軍として いわゆる 「イギリス闘い」 に参戦 その活躍を描いた映画。

*   *   *

 2人のパイロットが1人の女性を巡って・・・まで読んで 

まだこんなくだらないものを作っているのか

と無視していたら、

その2日後くらいに別の記事で ジブリの宮崎監督が推奨して

「やっとこういう映画ができるようになったんだね」

 という文章を読んで

 首をかしげながらツタヤで借りて観たところが・・・・

これほどのけぞった映画は観たことない。

無論、いい意味で。

初回の空中戦から 2回目のHe-111の撃墜シーンの衝撃たるや・・・。

何度巻き戻しをくり返したことか 頭真っ白状態!

てっきり本物を落としたと思ったくらい。

その直前のドーバーの白い崖のわきを飛行するスピットファイアの美しさ。

その後わざわざメイキング付きの高いバージョンを買ってよくよく見たら 

特撮場面の元ネタは予想通りであったが

それにしても センスの良さ 小技の効かせ方・・・ チェコの人を心から尊敬しました。

個人的には このセンスで空戦映画を作れる国 、

人はないと思っています。

チェコ人恐るべし!



スポンサーサイト
comment 0
06.28
Wed



ヒコーキの心〈続〉 (1975年)」 (佐貫亦男著 講談社)

――はしがきより抜粋――

ここに盛ってある内容は、ヒコーキと人間のかかわりあいである。ヒコーキが人間に感動を与えるわけは、
生存権の外へ進出し、したがってなにかあれば死がすぐ近くにいる緊迫感のためである。
それにしても、空のなんと美しいことであろう。青空で雲と遊ぶ晴天巡航、雨が翼でしぶきと散る荒天突破、
闇に地上灯火がうるむ夜間飛行、いずれの時でも、無事着陸すればほっとする。
それでいて、またヒコーキに乗りたくなる。
戦争は空の危難と、人間が自分で作った苦難との二重苦である。それを受けて戦った空の戦士たちの
像を描いても、決して戦争賛美にはつながらぬ。
彼らはいうにちがいない、自分たちでたくさんだ。もう二度と繰り返すなと。しかし
忘れてくれとはいわないであろう。
心ひかれるものの一つに、ヒコーキのフォルム(形態))の魅力がある。
カモメの身体のしなやかさは、何千万年の絶えず気流に吹きさらされたためである。
これに対して、飛行経験がたった70年あまりのヒコーキは、カモメの教訓を何百分の一ほどの
短時間で習得しようとして、ジョナサンカモメの特訓を今でも続けているのである。
設計者の努力が白く輝けば、フォルムの美となる。

*  *  *

‟私が飛行機と佐貫又男の文章を愛する理由は まさにここに集約されています。
ブログには適さない 少し長い文章ですが、どうしてもどこかで書きたかった„

   



P5100576.jpg


comment 0
05.25
Thu
(2017/05/25)
P52107941.jpg


まだ吉祥寺サンロードの本屋 ルーエ の地下に趣味コーナーがあったころに

偶然見つけた えぐすぎた本。

その場で買った最初の本

雲の彼方 オドゥラ・デ・ニュアージュ (注1)




のスピットファイアの描写・・・ 機体やプロペラの色彩 ジュラルミンの質感。

やられました。
 
即刻買おうとしたときに ひょっとして姉妹編は、と本の帯を見たらなんとHe-219のコクピットが。

即座にそれも予約。

ここ数回の絵画的イラストは、第二作目の下記の作品から。

また、 牧歌的な線描のイラストは、昔から敬愛する画家にしてエッセエイストの

おおば 比呂司 氏のもの(大場氏がイラストを担当する佐貫亦男氏のエッセイ集、

続々・ヒコーキの心 (光人社NF文庫)

のシリーズから引かせてもらいました。
  

*  *  *  *  *

WWⅡ航空戦記 バンド・デシネ(下記はアマゾンより引用)

「ル・グラン・デューク」(原題:Le Grand Duc)は、第二次大戦の独ソ戦における航空戦をテーマとする漫画作品の邦訳版。
独ソ戦の空で運命が交錯するドイツ空軍パイロットとソ連空軍の女性パイロットの戦いを描く。
本作の著者はフランス人漫画家。作品自体も「バンド・デシネ」と呼ばれるフランス式漫画の特色――フルカラーによる表現で、
1コマ1コマが絵画のような技巧を凝らした作風――を備える。テーマが独ソ戦だけあって、ストーリーは骨太、
さらにミリタリーファンにはおなじみの航空機が多数登場するのも見どころだ。なお、ル・グラン・デュークはフランス語で
「ワシミミズク」のこと。本書の主役機、ハインケルHe219の愛称“ウーフー”もドイツ語でワシミミズクを意味する。
地獄の独ソ戦の空、両軍のパイロットが操る航空機たちの、決死の戦いが幕を開ける――!


あらすじ
1943年冬、地獄の東部戦線。向かうところ敵なしのルフトヴァッフェ(ドイツ空軍)は完全に制空権を握り、
敗走するソ連軍に鉄と火の雨を降らせていた。圧倒的な敵の進撃を少しでも遅らせるために、ソ連空軍にできることといえば、
パイロットの英雄的行為に頼るだけであった。ドイツ兵の眠りを妨げるため、低速の旧式機で決死の任務に出撃する“夜の魔女”。
彼女達の決意は固く、どんな犠牲もいとわない。リリアは、そんな魔女の1人であった。リリアの前に現れたヴルフは、
ヒトラーに忠誠を誓う“鋼鉄の鷲”の一員であったが、同時に規則破りの常習犯であり、何よりも心の底からナチを嫌っていた。

            ――――「ル・グラン・デューク」(原題:Le Grand Duc)――  



P5250849.jpg
 



  
                                          この項つづく




comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。