--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.29
Thu
パソコン教室の日

思っていた通り「絶対参照」でひっかかる 今一つ分からない。

各単元の確認シート(テスト)で分からなくなる 久々にインストラクターに質問。

動かせない基準の設定の仕方は分かったけど・・・。  

まあいい   回数を重ねて 馬鹿頭にすりこむしかないない・・・か

それでも ワードの後半のときほど のたうち回る感じはないかな・・。





<個人的に航空映画ベスト3の第3位>

ダーク・ブルー [DVD]」 あるいは「ダークブルーワールド」


第二次大戦中にチェコのパイロットが ドイツ軍による自国の占領後、

イギリスに亡命義勇軍として いわゆる 「イギリス闘い」 に参戦 その活躍を描いた映画。

*   *   *

 2人のパイロットが1人の女性を巡って・・・まで読んで 

まだこんなくだらないものを作っているのか

と無視していたら、

その2日後くらいに別の記事で ジブリの宮崎監督が推奨して

「やっとこういう映画ができるようになったんだね」

 という文章を読んで

 首をかしげながらツタヤで借りて観たところが・・・・

これほどのけぞった映画は観たことない。

無論、いい意味で。

初回の空中戦から 2回目のHe-111の撃墜シーンの衝撃たるや・・・。

何度巻き戻しをくり返したことか 頭真っ白状態!

てっきり本物を落としたと思ったくらい。

その直前のドーバーの白い崖のわきを飛行するスピットファイアの美しさ。

その後わざわざメイキング付きの高いバージョンを買ってよくよく見たら 

特撮場面の元ネタは予想通りであったが

それにしても センスの良さ 小技の効かせ方・・・ チェコの人を心から尊敬しました。

個人的には このセンスで空戦映画を作れる国 、

人はないと思っています。

チェコ人恐るべし!



スポンサーサイト
comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。